特集|これからの新しいライフスタイル プロスノーボーダー|林 亜紀子

スノーボードに明け暮れた日々

私がスノーボードを始めたきっかけは「流行」でした(笑)。学校の友達に誘われて始めたんです。
10年前位に突然日本でスノーボードの知名度が上がって、すごーく流行ってたから、私の年代で流行に乗ってスノーボードを始めた人はきっと多かった思います。それまではスノーボードを知らない人が多かったのに、世間に一気に広まった時期でもあります。

スキーも未経験の私が初めて滑った時は、異世界に居るかの様な感覚で即ハマりましたね。東京育ちの私には雪自体が特別なもので、板を履いて、見渡す限り雪のある場所に居ることが、味わったことの無い感覚。そして雪の上を滑ることの、非日常的な感覚が私にはとても新鮮だったのかも。当然周りの誰よりも下手でした。今思うとスノーボードの楽しさと、自分の負けず嫌いな所が、その後私を動かしたんだと思います。

その後は早かったな〜。初めてスノーボードをしたのが高校3年の冬休みでしたが、次の春休みまでの間の週末は毎週滑りに行っていましたね。平日は毎日アルバイトをしながら…。私の学校は土曜日も午前中授業があったから、学校が終わってすぐに家に帰り、知り合いから格安で譲ってらった車を運転して、群馬のスキー場に行って練習していました。セーラー服のまま(笑)。人と滑りに行くと待ち合わせなどで時間のロスが生まれるし、一分一秒たりとも無駄な時間は過ごしたくなくて、休憩無しで運転して一人で滑りに行っていました。スキー場の駐車場に着くまで制服のままだからかなり怪しい女子高生でしたね(笑)。

そして春休みはスキー場近くの宿の居候生活です。
現在のスキー場近くの宿のアルバイトって、働いてお金をもらえるアルバイトが普通かもしれないけど、当時の私は知り合いの宿で、掃除や食事を作ったりして、リフト券も出してもらえる。そういうアルバイトでした。いわゆる「居候」。お金は貰えないけどメリットは宿代、リフト券代、食事代、スキー場まで近いということです。春休みは10日位の短いものでしたが、スキー場まで近いということで、思う存分練習が出来ました。

この10日間で更に上を目指したくなっちゃって、それまではただ単に「うまくターンが出来るようになりたい」ってだけなのが、この時からは「スポンサードされるライダーになりたい!」って意識が変わるようになりました。リゾートバイトをしていると、スキー場で毎日滑ってる人達とも友達になったり、スクールのインストラクターをしてる人、スポンサーが付いてる人、プロを目指してる人達と自然に知り合いになっていくものです。リフトでよく会う、休憩所でよく会うとか。そんな人たちと話をしたり滑ったりしていると、自分の滑りが未熟だって事にも気が付くし、身近なうまい人に憧れる。自分もそうなりたいって思う。それがプロを目指した始まりでした。

このたった10日間のリゾートバイトが、私に新しい気持ちの変化や将来の方向性を与えてくれました。

その後、高校卒業後も専門学校に通っていましたが、その時も日々学校にバイト、休日はスノーボード。冬休みは海外にトレーニングに行く友達にお願いして一緒に海外に連れて行ってもらい、スイスでのトレーニングもしました。−25度、更に強風の中で寒さから来る体の痛みと戦いながらの練習、鼻の頭や耳たぶが凍傷になっちゃったりもした。硬いバーンでの練習は勿論体に負担も来るし、怪我もする。スポンサーが付く様な選手を目指すには楽しいことばかりじゃないけれど、その頃は既に「楽しくないから滑らない」ていう様な意識は全く無い状態でした。常に上を目指してる自分が居る。そして、自分の目指していた課題をクリアした時の言葉では言い表せない喜び、達成感、そしてその時見える美しい雪景色は、100%都会で働いていたら味わえないものです。

そんな生活を約10年。背骨を骨折して何ヶ月も寝たきり入院や、両足首骨折、他にも沢山の怪我やアクシデントに遭遇しながらも、現在はPSA公認のプロスノーボーダーになることができました。

今思うと、リゾートバイトの経験から私の人生が決まったといっても過言じゃないなぁって思います。人生の中で、短期で一度だけでもリゾバの経験ってとってもいいと思う。スノーボードをしなくても、スキー場付近のバイトは温泉にも毎日入れるし、新しい友達作りやその後の自分の仕事に生かせるような精神面での成長、素敵な思い出など都内生活では味わえないことが沢山あります。知らぬ間に型にハマって考えていたことが、田舎での生活で一気に視界が広がります。そして、自分の行動範囲や視野が広がることで、仕事、遊び、人間関係、いろんな面に影響力をもたらしてくれる。それがリゾートバイトだと思います。

スノーボードに限らず、これからやるべきことがある人、人として成長したい人、お友達を増やしたい人…。きっとリゾートバイトはあなたに何かを与えてくれるはず。

輝ける楽しい毎日を送りたい!

私は現在、自分でスノーボードウエアーをデザイン&プロデュースさせていただいたり、たくさんのスノーボードギアや企業にスポンサードして頂き、自分の欲しいサイズの板等も作っていただいたりしています。色々なシチュエーションでの撮影や練習も出来るようになって、昔よりもとても活動しやすくなりました。
だからこそ心のゆとりも出来て、最初のリゾバ経験で自分が何を得て、どう生かせたかって事がよく分かります。

若い頃の事や、自分が未熟な時には気付かなかったこと。でも実はそれがとても重要だったりします。それに気付けるようになった今は、もっと自分自身成長していきたいなと思いつつ、輝ける楽しい毎日を送りたいです。

プロスノーボーダー    林 亜紀子

【PROFILE】

林 亜紀子|プロスノーボーダー

Akiko Hayashi Pro Snowboarder

PSA公認プロスノーボーダー。シーズン中は日本の山を中心に活動。オフシーズンは海外に撮影や練習、ウエアーDita Whiteのデザインなど。これからは更に撮影のほうに重点を置き、SBXのプロ戦もすべて転戦。キャンプ、スポンサー関連のイベント活動など行います。

スポンサー:SUBTLE, Dita White, DEELUXE, FLUX, RHEA, WESC, Holmenkol, Coal, Alive Athletics, クリプトン, Mt.NAEBA, MINAMI, はごろもフーズ, セントラルジャパン, リゾバ.com

林亜紀子プロのオフィシャルブログ

オフィシャルブログ

リゾートバイト発見サイト リゾバ.comは林亜紀子プロを応援しています!