リゾバ体験記その22<みんなのリゾバ体験記|リゾートバイト・住み込みアルバイトの発見サイト リゾートバイト★ナビ

仲居を通じて仕事の奥深さを実感!スキルアップもできました♪ リゾバ体験記その22<みんなのリゾバ体験記|リゾートバイト・住み込みアルバイトの発見サイト リゾートバイト★ナビ

リゾバ生活の始まりは、いろんな「やりたい!」を叶えたかったから。

ほしいものが買いたい・色々な人と出会いたい・旅行したい。……とにかく「やりたいこと」がたくさんあった私。寮・食・光熱費無料・出会いもたくさんある・リゾート地で住み込みバイトができる“リゾートバイト”。「これなら私がやりたいことを、全部叶えられるかも!」と思ったことが私のリゾバ生活の始まりでした。

私が今までにリゾバを経験した場所は全部で3ヶ所。宮城・鳴子温泉のホテル、愛知・蒲郡温泉の旅館、そして今働いている、静岡の伊豆旅館。どこも見所がたくさんある場所なので、それぞれに思い出がたくさんあります。その土地の名産品を食べに行ったり、街へ買い物に行ったり、リゾバ中はいろいろと動き回っています。

全国を渡り歩くようにリゾートバイトをしているのですが、共通しているのが、どのリゾバ先でも"仲居"として働いていること。そのなかで気がついたのは、それぞれのリゾバ先で仕事のやり方が違うということです。楽な職場、大変な職場、その両方を経験しました。普通なら「楽な職場のほうがいい!」と思うかもしれませんが、実際に働いてみるとそうでもないんですよね。うるさく言ってくれる人がいないと、自然に楽な方へと流れてしまい、中だるみしてしまうんです。多かれ少なかれうるさく言ってくれる人がいるほうが、いい仕事ができるし「成長できた!」って実感できるんです。色々な場所で働いているからこそ、この違いに気がつけたと思っています。

ちなみに、今働いている場所では、年に1、2回の研修があります。それも先生は元スッチー!その研修では、スチュワーデスさんの経験談や、お行儀・お作法の講習、言葉づかいもレクチャーしてもらえるんです。タダでスキルアップ講座に参加している感じだし、仕事の奥深さを考える、ありがたい機会です。

実際に働いていく中でも、自然とスキルが身につくことも……。例えば私の場合、あわびの国産と外国産を見分けられるようになりました(笑)。人とは一味違ったスキルを見つけられるのもリゾバだからこそなのかもしれません。仕事をしているとつらいこともありますが、お客様から「またあなたに会いにくるよ」と声を掛けてもらえると、そんな気持ちも吹っ飛びます。出会うお客様は毎日違う人。たくさん会話を交わしていると「人っていいなぁ」と、癒されます。

色んな場所にいって、たくさんの人と出会う。その中では、とてもいい緊張感が味わえます。自分の考えも大事。だけど、たくさんの人の話をよく聞くことで、もっと広い視界を持てて、いいことがたくさんわかりますよ!

今回の体験記のお仕事先は?

東北エリアのリゾートバイトを探す

東海エリアのリゾートバイトを探す